ライセンスのアクティベーション


アクティベーションとは

ライセンスのアクティベーションは、製品のライセンスを最初に有効にする場合などに使用します。すでに発行済みのライセンスについて、その使用するPCを変更する場合にはライセンスのリホスト、製品をバージョンアップするにはライセンスのアップグレードを参照してください。

現在、新しいカスタマーケアポータルへの移行が行われています。そのため、リホストの場合でもアクティベーションが必要になる場合もあります。
リホストでの作業でエラーが発生した場合や、リホストすべき対象製品が見つからない場合には、ライセンスのアクティベーションで作業を進めてください。


アクティベーションの申請

ログイン後、[アカウントの検索] の左側に正しい会社名が表示されている場合には、[使用権の管理] をクリックします。

会社名が表示されていない、又は意図してない会社名が表示されている場合には、[アカウントの検索] をクリックします。

画面には、管理可能なアカウントの一覧が表示されます。表示されている一覧から、処理したいアカウントを選び、[選択]ボタンを押してください。

所有しているシリアル番号について、アカウントが不明な場合、検索することもできます。検索ボタン左側の四角をクリックすると、検索方法の一覧が表示されます。[ソフトウェアシリアル番号]をクリックし、表示される入力ボックスにシリアル番号を入力します。 入力が終わったら、[検索ボタン]を押してください。

元の画面に戻り、表示された会社名を確認し、[使用権の管理]をクリックします。

[使用権の表示] のページにて、目的のシリアル番号を検索します。アクティベーションが可能な製品には、右側に[アクティベート]と表示されています。(ここではクリックしないでください)

表示された内容から、アクティベートしたい製品の製品名をクリックします。

[使用権の詳細を表示] の画面で、アクティベートを行いたいバージョンを選び、アクティベートをクリックします。

アクティベートは1度だけしか実行できません。必要な製品バージョンを1つだけ選び、クリックしてください。

ライセンスのアクティベーションの画面が表示されます
この画面では、ライセンス発行対象や発行数など、重要な情報を入力します。入力が終わったら、必ず再度入力項目をチェックし正しいライセンスが発行されるかを確認してください。

  • ターゲット名
    この申請をあとから識別するための名前を入力するか、過去に使用した名前を選択します。新しい名前を入力する場合、ターゲット名は[追加] を選択してわかりやすい名称を入力します。(例:ホスト名_ホストID)
    以前発行した環境と同じ環境に対して別製品バージョンを再度アクティベートする場合、一覧からターゲット名を選択します。
  • ロック情報など
    ロック情報、ホストID、ホスト名などと表示されている項目には、この製品もしくは製品のライセンスサーバーが動作していかくnるPCの固有情報を入力します。
    ※入力項目名、入力すべき値は製品ごとに異なります。入力項目が存在しない場合もあります。
  • 確認用メールの送信先メールアドレス
    チェックボックスをオンにして、メールアドレスを入力します。
  • 製品名と製品バージョンの確認
    画面下に表示されている、製品名とバージョンを再度確認します。バージョン番号が間違えている場合、ここでドロップダウンから選択することができます。
  • アクティベートする数量
    製品をアクティベートする数を入力します。例えば5ライセンスを、環境Aで3つ、環境Bで2つ、など分割してアクティベートする場合には、それぞれの数量をここで入力します。
    ※この入力項目は製品やライセンスの種別により存在しない場合があります

各項目を入力したら [次へ] をクリックします。

確認画面が表示されます。前のページで入力した情報と同じか、確認してください。この画面が最終的な確認画面です。ここで次に進むと、入力をやり直すことはできません。

確認が終わったら、[送信]ボタンを押してください。


ライセンスの入手

ライセンスのアクティベーションが行われると、画面はアクティベーションの完了画面が表示されます。
ここで、[ダウンロード]をクリックすると、発行されたライセンスをすぐに入手できます。

ライセンスは[確認用メールの送信先メールアドレス] に指定したメールアドレス宛にメールが送信されます。
メールの件名は 「Micro Focusソフトウェアアクティベーション情報」、送信者は「PRO-SoftwareLicensesDownloads@microfocus.com」です。 メールが到着しない場合、迷惑メールのフォルダなどをご確認ください。

ダウンロード、もしくはメール添付されたライセンスファイルはXML形式になっている場合があります。

この場合、xmlファイルをメモ帳で開き、必要な項目を入力してください。

例えば、DevPartnerの場合、アクティベーションコードがXMLファイルに記述されています。
下の画像は Star Teamのライセンスで入手できるxmlファイルの内容です。<AccessKey>に記述されている値をアクセスキーに、<SerialNubmer>に記述されている内容をアクセスキーに入力します。