Silk Test 技術情報(FAQ)


Silk Test 21.0 既知の制限事項に関して

2020/12/2 現在

製品ブランドの変更

  1. Silk4J および Silk4NET の名前が UFT Developer に変わりました。

ドキュメントのバージョン表記に関する注意事項

  1. リリースノートのサポート環境はリリース時点での既知のバージョンに限られます。 リリースノートを含む、各種ドキュメントにおける動作環境表記において、マイナーバージョンが.xと表記されているものや、マイナーバージョンが表記されていないものは、製品開発時点での最新バージョンを示しています。
    開発時点で未知のバージョンについても、Silk Testが使用可能な場合もありますが、動作の可否は、各プラットフォーム開発元の互換性の有無に依存します。

サポートの終了について

  1. Windows 7 及び Windows 8 は、サポートされなくなりました。
  2. iOS 9.3 及び iOS 10.x は、サポートされなくなりました。

iOSに関連する注意事項

  1. インストールされているXcodeのバージョンによりテスト可能なiOSのバージョンが異なります。
    対応は以下の通りです。
    Xcode 10.x → iOS 11.x / 12.x
    Xcode 11.x → iOS 11.x / 12.x / 13.x
    Xcode 12.x → iOS 11.x / 12.x / 13.x / 14.x
  2. Macにはインターネット接続が必要です。
    Mac用 Silk Test Information Serviceのインストール時、及びiOSデバイスでの記録・再生時、必要なライブラリ等をインターネットから取得するためです。
  3. 以前のSilk Information Serviceのアンインストールが必要です。
    Mac用 Silk Test Information Serviceをインストールする前に、必ず以前のSilk Test Information Serviceを以下の手順でアンインストールしてください。
    https://support.microfocus.co.jp/SupportInf/asq_faqpublic.aspx?ST01103
  4. 日本語のiOSシミュレータでは追加の手順が必要です。
    日本語のiOSのシミュレータを使用するにためには、以下の手順を実施してください。
    https://support.microfocus.co.jp/SupportInf/asq_faqpublic.aspx?ST01105
  5. 実機、及びシミュレーター上でiPadのSafariを使用する場合、画面上部にタブが表示されている状態では、SilkTestは正常に動作しません。
    画面上部にタブが表示されないように、予め、1つだけタブを残して他のタブは全て閉じておいてください。
  6. 実機上のハイブリッドアプリの場合、記録の動作が非常に遅くなることがあります。
    このような場合には、シミュレーターで記録を行ってください。

プラットフォーム サポートに関する追加事項

Silk Testのサポート対象となっている、一部のオペレーティングシステムでは、複数のエディションが販売されています。複数のエディションが存在する環境では、Silk Testのサポートするエディションが次のエディションに限定されます。


Windows 10

  • Windows 10 Pro
  • Windows 10 Enterprise

Windows 8.1

  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise

上記以外のオペレーティングシステムについては、エディションの制限はありません。


インストール

  1. お使いの環境の状況によっては、インストール時や使用時にWindows Updateの適用が必要になる可能性があります。
    なお、Windows Updateにより行われる更新がOSのバージョン自体を更新するような場合は、製品のサポート環境から外れないようご注意をお願いいたします。たとえば、インストール時のオプションでは、必ずデフォルトの[完全]を選択してください。それ以外を選択した場合、正常にインストールが行われません。この問題は将来のサービスパックなどで改修が行われる予定です。

バージョンアップ時の注意事項

  1. 旧バージョンのデータベースはそのままではご利用頂けません。旧バージョンからのバージョンアップ時には、データベースのアップデートが必要です。※古い場合、自動でアップデートするウィザードが起動します。
    データベースのアップデートに関しましては、次のリンクをご参照ください。
    Silk Testをバージョンアップ後、起動時に「データベースのバージョンが異なる」旨のダイアログが表示される

    また、バージョンアップ時には、次の点にご注意ください。
    ・バージョンアップしたデータベースは、バージョンダウンすることはできません。あらかじめバージョンアップ前のデータベースのバックアップを取得してください。
    ・異なるバージョンのSilk Testが、同一のデータベースを参照することはできません。Silk Testのバージョンアップ時には、データベースを共有する、すべてのSilk Testについて同時にバージョンアップを行ってください。

テスト対象アプリケーションに関する制限事項

  1. ブラウザアプリケーションを記録するときに100%以外の縮尺を選択しないでください。 Internet Explorer8以降で表示の縮尺を変更できるようになっていますが、Silk Testを利用するときには100%に設定してください。
  2. WPFにおいて、回転、傾斜等の変換を行ったオブジェクトに対する記録・再生は、正しく行えない場合があります。
  3. AndroidのAOSPブラウザ(いわゆる標準ブラウザ)については、AOSPプロジェクトのコードベースから取得したカーネルバージョンと同じビルド番号のみSilkTestから認識することができます。また、AOSPブラウザは、出荷状態でインストールされている必要があります。各ベンダにより改変されたビルド、あるいは出荷後にインストールされたAOSPでは、動作しない可能性があります。

モバイルデバイスのテストに関する制限事項

  1. モバイルデバイスのテストは、設計が大きく変更になりました。SilkTest16.5以前のバージョンで作成されたモバイルブラウザ用テスト資産は一部動作しない場合があります。

ネイティブモバイルアプリの制限事項

  1. ネイティブモバイルアプリの制限事項は下記のリンクを参照してください。
    http://documentation.microfocus.com/help/index.jsp?topic=%2Fcom.borland.silktest.workbench.doc%2FGUID-7F50D6AD-3518-4780-BD54-549F11E902CC.html&cp=9_3_1_12_3_13

モバイルウェブアプリの制限事項

  1. モバイルWebアプリの制限事項は下記のリンクを参照してください。
    http://documentation.microfocus.com/help/index.jsp?topic=%2Fcom.borland.silktest.workbench.doc%2FGUID-9BABDCFD-8336-4C54-BACD-83600ED4D87C.html&cp=9_3_1_12_3_12

既知の問題点

  1. Silk4Jにおいて、Eclipseの使用するJREバージョンが10以降の場合、使用中に次のようなメッセージが表示されることがあります。
    「Sil4Jを開始できませんでした。Silk4Jを開始するにはJava Runtime Enrionment(JRE)バージョン8以降が必要です」
    このメッセージは誤警告です。無視して問題ありません。このメッセージが表示された場合、「次回にこのメッセージを表示する」のチェックをオフにして、[OK]で先に進んでください。この問題については、すでに報告済みであり、将来のバージョンもしくは修正プログラムで修正が予定されています。